くらしを耕す会

アクセスカウンタ

zoom RSS わたくし代表の加藤よしたかでございます。

<<   作成日時 : 2013/01/11 17:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


●くらしを耕す会が大切にしていること
 
 くらしを耕す会のホームページをご覧いただいたことはありますか? そのトップページ右側に「くらしを耕す会について」というタグがあります。そこを開くと「くらしを耕す会が大切にしていること」という記事があり、こんなことが書かれています。

 「流域自給…10数年前(記述時は10数年、現在からは20年ほど前)、木曽川上流の町に産廃処分場建設計画が持ち上がりました。処分場から排水が木曽川に流れ込めば、下流に住む私たちの飲み水や、知多半島の農業用水も汚染されるかもしれない…。この問題に取り組むうちに、処分場に持ち込まれるゴミは、私たちの豊かで便利な暮らしが生み出していることに気づきました。

 そして、下流の暮らしと上流の森や田畑はつながっていて、街の人たちが安心して暮らすには、上流の森や林が守られ、農薬や化学肥料に頼らない健全な農業の営みが欠かせないことを実感したのです。以来、地域自給の先にはっきりと見えてきた「流域自給」がくらしを耕す会の目指すところとなりました」と綴られ、記事は以下、「遠くのオーガニックより地元でとれたものを」「つながり」などと続きます。

 つまり「流域自給」は、地域自給の概念に生命のつながりというダイナミズムを体現した、まさにくらしを耕す会の基本理念とも言えるもの。事務所の壁画のモチーフとして、これを描かない手はありません。

画像


●水の流れ、そこで育まれるたべもの
 
 絵は写真のように事務所の北側の壁に描かれていますが、制作者はズーニーカフェの看板も手がけてくれた蒼崎直さん。昨秋から取りかかり、つい先日完成。壁画には飛騨・木曽川の流域図や、それぞれの産地の扱い品(たとえば南知多町の野菜や玉子)などのほか、未来をイメージして子どもたちの姿も描かれています。
 併設の「ズーニーカフェ」のワンデーシェフの日にでも、ランチ方々、ぜひ一度ご覧になってください。
※ズーニーカフェのブログ ameblo.jp/zuni-cafe/


画像

http://www5f.biglobe.ne.jp/~tagayasu/index.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたくし代表の加藤よしたかでございます。 くらしを耕す会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる